マツダ mx30。 マツダ新型「MX

変化球かと思ったら直球のいいクルマだったマツダ「MX

後席の乗員は、ドライバーなりパッセンジャーが降りなければドアの開閉もままならない。

19
気のせいかと思って何度もわざとマンホールに乗ってみたり、目地のありそうな路面を選んで走ってみたのだが、その往なし方は正直想像をはるかに超えたものだった。

マツダMX

コルク貼りのドリンクホルダーのフタが小物入れのフタに! マツダ新型MX-30のパワートレインには、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせたガソリンエンジン「e-SKYACTIV G」を搭載。 新型マツダMX-30については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!. 0kg-mで、減速エネルギーを使った発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動の支援を行う。 この点では近年特に質感が落ち始めているドイツ系メーカーよりは確実に上だ。

11
その代わり、操舵に対する反応の仕方はCX-30に比べて穏やかだ。 観音開きであれば、運転席に座った後、車椅子をリアシートに放り込むことも可能らしい。

気をつけて!マツダMX

8インチを採用したほか、エアコン操作パネルに、直感的で安全に操作が可能な7インチタッチパネルをマツダ車として初採用。 MX-30のフリースタイルドアは、リヤドアだけ単独で開けることはできない。 とはいえ、「最近のマツダ車は同じ顔ばっかり・・・」と思っている人には新鮮に映るのではないだろうか。

7
車種、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。

マツダMX

ラゲッジスペースは、機内持ち込みサイズ(縦・横・高さの合計が115cm以内)のスーツケース4個を積める荷室容量を確保し、フロア下にはサブトランクも設定。 だが、走り味が意外なほど上質だったのには驚かされた。 また、ドアトリムには繊維素材が使用され、空気を含んだかのような風合いにより、室内空間に素材による開放感を表現。

2
常識的なSUVらしく、フェンダーモールからサイドスカートにかけて樹脂製のプロテクターも加わる。

マツダ初EVのMX

使用される繊維素材はペットボトルからのリサイクル原料からできており、またコルクも伐採ではなく木の表皮を収穫することで作られる環境負荷の少ない素材とされています。

11
一方で、欧州では化石燃料からの割合が低く、そのため欧州ではEV、日本ではマイルドハイブリッドモデルが投入されます。 ただ、シートベルトがフロアから生えているため、後席に乗り降りする人は足を引っ掛ける心配も。

【マツダ新型MX

MX-30の前席用シートベルトはリヤドアの前端に付いているので、フロントドアを閉じた状態でリヤドアを閉めようとすると、ちょうどシートベルトの金具がフロントドアに当たり、最悪の場合はドアに傷が付いてしまいかねないのだ。 新機構をふんだんに盛り込んだMX-30らしいユニークさが垣間見える部分がある。 そもそも後席から乗ってみたくなるクルマも珍しい。

かつてマツダは、ロータリーエンジンを搭載する4ドアスポーツクーペを開発し、世間を驚かせた実績がある。

気をつけて!マツダMX

また、新たに投入したL字に動くATセレクターにマニュアルモードがなく、そこをすべてパドルで受け持つことにも違和感があった。

前席を畳み、フロントドアをまず開けてから、リアドアを開ける……。