ストーリア x4。 ストーリアX4(1998年4月発売)のカタログ・性能スペック情報【ダイハツ公式】U

ストーリア クロス4

アイドリングストップ• 4ヶ月しか持たなかった社外エキマニと比べたら効率悪そうに見えますが、実際は大した差が無いと思われます。 M111S - 1,300cc 4WD車• デュエット同様に販売台数の大半 X4は除く が1000ccモデルであったため、1300ccモデルの中古車は非常に少ない。

12月 2度目のマイナーチェンジ(2次改良)。 立ち上げたばかりの本業が落ち着くまで、少々お待ちを・・(汗) 車台番号リスト 52~68号車 69~127号車 128~270号車 271~355号車 356~569号車 570~664号車 665~829号車 NEWS! 14 情報提供BBSに存在情報あり 車体番号 生産月 初登録 年月日 購入場所 現オーナー HN 現在の 所在地 情報提供 許可日 初登録時 納車待ち 備考 M112S00701 2002. さらに後期型はリヤバンパーにリフレクターが内蔵され、アンダー部を張り出させたスポイラー形状に変更されるなど、前期型よりも「色気」を高めていたりする。

ストーリア X4(ダイハツ)の中古車

これに、前後機械式LSDを装備した4WDでパワーを伝えるのだ。 ストーリアX4のエキマニは、エンジン本体がコペンと同じなので無加工で画像のとおり装着できます。

7
軽自動車用ターボエンジンのストロークを延ばして、 713ccまで排気量UPし、標準ブースト1. エアコン• DVDナビ• 軽用のJB-DETと共に エンジンヘッドの素材がマグネシウムからアルミに変更されており、わかりやすい外観上の相違点としては オイルキャップがねじ込むタイプから被せてハメ込むタイプに変更されているため、識別は容易である。

「狂気の市販車、ストーリアX4を再考する」超ハイブースト設定のガチ競技スペック!【ManiaxCars】(web option)

心配だったので一応自分もカメラを持っていきましたが、後で撮影した画像を見てみるとちゃんと撮れているではありませんか。

7
基本装備• これだけ市販状態でモータースポーツでの使用を考えたクルマだけに、アルトワークスRは特に3代目モデルが全日本ラリーと全日本ダートトライアルで2年連続チャンピオンを獲得する活躍を見せた。

ストーリア クロス4

ウォークスルー• 21 カーセンサーラボで中古車発見 M112S00814 2004. 一応、商品車です。

18
まるで純正F3タービンが付けられたかのようでした。

ダイハツ・ストーリア

1998年4月 「X4」が追加。 トヨタ向けにデュエットとして販売したためか、当時のダイハツ車としては珍しくオーディオとは別にメーター内デジタルクロックが一部標準装備された。 3kgm デビュー時の価格:115万3000円 現行モデルはモータースポーツのイメージは薄いマーチだが、先代モデルまではワンメイクレースなどの底辺のモータースポーツを支え続けた存在だった。

14
クラスは上がったが戦闘力も大幅向上 クロスミッションやインプレッサWRX STIのようなインタークーラーウォータースプレーなども装備した。

【マーチR、ブーンX4、アルトワークス…】闘うために生まれた小さなクルマ5選

パワーシート• 10年規制により2015年以降全日本戦での出場は不可となったが(但し、選手権のかからないオープンクラスでは出場可能)地方戦では主力マシンとして活躍中。

17
1995年には4気筒DOHCターボの4代目L512S型ミラ・ アヴァンツァートTR-XX X4にモデルチェンジして、スズキスポーツ最新マシンに決戦を挑みます。 ストーリアX4のwiki的なサイトとして、リニューアルかけたいと思います。