孔子 廟 訴訟。 孔子廟訴訟、最高裁で結審 那覇市と住民側が政教分離巡り弁論 憲法判断へ

社説[孔子廟訴訟 那覇市敗訴]違憲状態の解消努めよ(沖縄タイムス)

),その使用料を全額免除したこと(以下「本件免除」といい,本件設置許可と併せて「本件設置許可等」という。

7
また,参加人は,中国から那覇市の久米地区に移住した外交文書の作成,通訳,航海技術指南に尽力した技術的職能集団である久米三十六姓の子孫が,至聖廟の維持管理や釋奠祭禮の執行,儒学の普及のために結成したものであり,実際の活動内容に照らしても,宗教団体に当たるとはいえない。 請求の趣旨に対する答弁• そして,都市公園法は,都市公園の健全な発達を図り,公共の福祉の増進に資することを目的とするから,上記許可は,公園施設を都市公園に設置することによって住民等の心身の健康や良好な生活環境に寄与し,公共の福祉の増進に資することとなるか否かという観点から判断されるものであるということができる。

孔子廟訴訟・原告勝訴

大法廷は、歴史的・文化財的な価値や、観光資源などとしての意義があれば、施設に宗教的性格があっても「公有地の使用料が免除される場合もあり得る」としている。 1949年に新中国(中華人民共和国)が建国されたが、50年代の時には、毛沢東は決して孔子を否定していなかった。

18
林裁判官は、年500万円以上にも上る使用料を全額免除したこと自体については「公的支援として過ぎたるものではないかという違和感を覚える」としながらも、政教分離に反しないため無効とは判断しないとしている。

沖縄 「孔子廟」訴訟 最高裁大法廷で弁論 開かれる

14世紀以降に中国福建省から渡来した人の子孫によって運営される社団法人からの申請に基づき、市は11年に設置を許可し、土地使用料も全額免除するなどした。 4 第一項の規定による請求があつた場合においては、監査委員は、監査を行い、請求に理由がないと認めるときは、理由を付してその旨を書面により請求人に通知するとともに、これを公表し、請求に理由があると認めるときは、当該普通地方公共団体の議会、長その他の執行機関又は職員に対し期間を示して必要な措置を講ずべきことを勧告するとともに、当該勧告の内容を請求人に通知し、かつ、これを公表しなければならない。

19
公有地の無償提供という自治体の行為が、司法の場で憲法の禁じる「宗教的活動」と認定された意味は重い。 2 本件施設について 本件施設は,儒学の祖である孔子を祀る廟であり,大成殿(63. 2 那覇市において,一つの都市公園に公園施設として設けられる建築物の建築面積の総計当該都市公園の敷地面積に対する割合は,原則として100分の2を越えてはならない(都市公園法4条1項本文,那覇市公園条例〔乙28〕2条の4第1項)。

「孔子廟」訴訟、24日に大法廷判決 政教分離めぐり憲法判断―最高裁:時事ドットコム

映画「孔子の名において」の中でインタビューに答えた政治学者で中国問題専門家のクレイブ・アンスレイ氏は、「孔子学院で、孔子哲学や儒教を学ぶことはできない。 市が特定の宗教に対して特別な便益を提供していると評価されてもやむをえない」と指摘し、公園使用料の免除は政教分離を定めた憲法に違反するとした。 九州・沖縄• アメリカの大学を中心として中国共産党の思想を宣伝し、スパイ活動まで働いていると主張した。

19
一方、公有地の使用料免除について「仮に宗教性のある施設でも、歴史的価値や観光資源、の親睦の場としての意義があれば、無償提供することがあり得る」との考えも示している。 一審那覇地裁は、孔子廟で実施される行事は神格化された孔子らをあがめる宗教的意義を有し、孔子廟自体も「宗教色が濃い」と指摘。

「孔子廟」訴訟、24日に大法廷判決 政教分離めぐり憲法判断―最高裁:時事ドットコム

)があると認めるときは、これらを証する書面を添え、監査委員に対し、監査を求め、当該行為を防止し、若しくは是正し、若しくは当該怠る事実を改め、又は当該行為若しくは怠る事実によつて当該普通地方公共団体のこうむつた損害を補塡てんするために必要な措置を講ずべきことを請求することができる。 「この議会での質疑、答弁、そして様々な法律家等と調査しましたところ、今回の訴えの提起につきましては、控訴したとしても那覇市が勝訴をする可能性は低いと判断し、通常ならば反対するところでありますけれども、原告側の方の意思として、仮に控訴になった場合はしっかりと上級審で決着をつける用意があるというようなことも伝え聞いております。 )と同様,本件施設も歴史・文化の保全のための施設である旨主張する。

8
もしかしたらこの孔子廟を核とした、孔子学園とは別の、未開地用の手法の展開を考えていたのかも知れません。 そしてこの翁長知事は、那覇港から沖縄に入る入り口に2本の龍柱を建て、沖縄が中共の属領であるということを意味する龍のデザインを施し、その門から入って松山公園を通過するところに、この孔子廟を配置したわけです。

「孔子廟」訴訟、24日に大法廷判決 政教分離めぐり憲法判断―最高裁:時事ドットコム

那覇市は違憲状態の解消に努めるべきだ。 1 被告那覇市が,その行政財産である松山公園内に建設された参加人所有の久米至聖廟に係る平成26年3月に更新した設置許可を取り消す。

19
もちろんこの声はサヨク・マスコミには載りません。 事実及び理由 第1 当事者の求めた裁判• その上で使用料については、市に決めさせるべきだとした二審・福岡高裁那覇支部判決を破棄。

孔子廟の政教分離訴訟 最高裁が違憲判断「宗教に特別の便益」

ウ 釋奠祭禮が宗教上の行為ではないこと 釋奠祭禮は,久米村の蔡堅が,中国から孔子及び四配の絵像を持ち帰って祭典を行ったことで始まったもので,琉球王国と中国との外交関係を深めるとともに,孔子の実践的な教えを広めるために行われたものである。 12 第一項の規定による訴訟を提起した者が勝訴(一部勝訴を含む。 しかしそれは沖縄文化との関連はなく、久米崇聖会が行う私的な儀式であり、市立公園を無料で使うのはおかしいというのが訴訟の内容です。

5
訴訟では、儒教が宗教かについても主張が対立したが、一、二審は直接の判断はせず、「無償提供は社団法人による宗教的活動を容易にしている」と述べるにとどめた。 ですから訴訟は憲法訴訟になりました。

「完全勝訴」に感激 孔子廟違憲判決で原告側―政教分離訴訟:時事ドットコム

時代にから渡ってきたとされる人たちの子孫らの団体()は、「ゆかりの地に回帰させたい」としてに松山公園に久米至聖廟を移転し、市は公園への設置を許可した上で公園の敷地の使用料を全額免除していた。

9
アメリカではシカゴ大学、ペンシルベニア州立大学、カナダのマクマスター大学などが同院を閉鎖した。 かつて、中国からの渡来人が琉球王国の繁栄を支え、今なお歴史的・文化的影響が色濃く残る沖縄にとって、培われた伝統やならわしをどのように継承していくか、判決とは別に考える必要がある。