20 式 小銃。 陸自新小銃に多くの課題

20式小銃 陸上自衛隊 新小銃 妄想兵器研究所

56mm自動小銃(固定銃床タイプで916mm)に比べて短くなっている。 56mm小銃に装着して使用する予定となっている。

我が国ではそれぞれメーカーが異なっており、このため ライン維持のために長期間の少数生産にならざるを得ない。 また、ホールドオープンした状態でコッキングハンドル取り付け部が後退していることから、射撃時にはボルトキャリアに連動してコッキングハンドルが前後に動くものと思われる。

陸自、水に強い小銃「20式」導入 31年ぶりに更新:朝日新聞デジタル

豊和工業の89式小銃も同時期の他国の小銃の8倍程度の価格だ。 似たような寸法のM4カービンと比較してみると• とある。

17
5kg• 新たに導入する、 ベレッタ社製の「 GLX 160 A1 」グレネード・ランチャーも展示された。

陸自

外部リンク [ ]• マリタイム版独自の鉾と錨のマークも刻印されている。

15
平成30年(2018年)に実施された次期小銃の選定のためのトライアル(評価試験)では、豊和工業のHOWA 5. これはポリマー製の弾倉の横にな部分が設けられていての残弾数が横からでも確認できるという便利なもので、より実戦を志向したものであるらしい。

20式小銃

ハンドガード前端上部にはフリップアップ式のアイアンサイトが装備。 56mmの部分を抜いて「20式小銃」とも。 自衛隊で小銃を立てかけるといった運用はないと聞くが、それでも有事の際には様々な小銃の運用が考えられるだろう。

4
QDマウントによりレイルに装着されている。

今度の20式小銃。

2020年5月18日閲覧。

15
なお、89式小銃にあった3点射機能は廃止され、セレクターの表示が「ア-タ-レ」に戻っていた。

陸自

香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関「Kanwa Information Center 」上級顧問。 ドイツ連邦軍は現用のG36小銃の更新を計画しているが、12万丁の新型小銃を2019年4月から2026年3月までの7年間で調達する予定で、予算は2億4500万ユーロ(約300億円)と見積もっている。

6
89式5. 56mm対応のだが、使用されているのはマグプル社の製品「P」と言われている。 56mm小銃の導入にあたっては、令和2年度予算に3,283挺の調達費9億円と初度費1億円が計上されており、水陸機動団、即応機動連隊、教育隊などに順次配備される。

20式5.56mm小銃

しかし、この新小銃が全部隊に配備されるのは、何年後になるのだろうか。 64式と89式の時のように弾薬やマガジンに共通性がないわけではないが、がそれでも教育、兵站の二重化は問題だ。 新の存在についてはがに・においてに開。

20
マズルブレーキは退炎機能と退反動機構を備え、米A社製のサプレッサーの装着を前提としたネジ切が装備される。

20式5.56mm小銃

ミネベアがライセンス生産した9ミリ拳銃は約2500発も撃つとフレームにクラックが入る。 グリップフレームは樹脂製で、バックストラップとサイドプレートが別パーツとなっていて、使用者の好みで交換できるようになっている。

20
20式小銃ではついにリトラクタブルストックが採用されました。

陸自、小銃を31年ぶりに更新 安定性、耐水性向上 拳銃は38年ぶり

56mm x 45弾 装弾数 30発 重量は89式小銃とほぼ同じではあるものの、銃身長は330mm 13インチ と、89式小銃の420mmよりも短くなっており、閉所戦闘 CQB での取り回しが良くなっている。

16
現用の89式5. スパイダーマングリップと呼ばれるテクスチャとフィンガーレストで日本人の手にもなじみが良い。