ボイ ヤン スラット。 太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」が、ごみを集めないまま壊れてしまった。次の一手はあるのか?

クラウドファンディングで地球を救う素晴らしい取り組みが…

今年22歳ですが、5年前、17歳になった2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞した女性です。 すぐに行動できないことは「無意味」 日本にも、思い立って即行動に移した異端児がいる。

19
太平洋ゴミベルトに7万トン以上あるといわれている廃棄物の回収が目的です。

オランダ・デルフトに本部を置く環境団体「The Ocean Cleanup」 海洋浮遊物除去システムの最終計画案を発表

若き団体創設者の(Boyan Slat)による本プロジェクトは、海洋のなかに大きなスクリーンをU字型に張り、その内側で海洋を浮遊するプラスチックを回収・除去するもの。

5
だが今のところ、彼らのテクノロジーはまだ実証されていない。

【島News】対馬島とオランダのNPO団体が提携。2016年夏以降に大規模な海洋ゴミ回収を計画|ritokei(離島経済新聞)

自分の時間を世界をよりよくするために使いましょう。

20
「アイデア」には全く「価値がなかった」 思い立ったらすぐ行動し、それを成功へと導いている彼らたち。

18歳の青年が考えたアイディアが海を救う!?世界的プラゴミ回収プロジェクトが始動

中国やインドのほうが厳しい規制を先に打ち出しているのです。 これを聞くと道脇氏は英才教育を受けたサラブレッドではないかと想像できるが、実はその真逆。 「多様性を受け入れるという教育体制が、若い子が声をあげるという行為を当たり前のこととしています。

1
つまり、システムはプラスチックよりも風と波の影響を受けやすく、それゆえプラスチックよりも速く動くので、まさに「パックマン」のようにプラスチックが回収可能になるのだ。 ボイヤンさんを密着した様子や世界の脱プラスチック最前線については、NHKのBS1スペシャル取材班で「脱プラスチックへの挑戦」という本にもまとめています。

太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」が、ごみを集めないまま壊れてしまった。次の一手はあるのか?

今はそういうことに時間を割けないけど、あまり苦には思っていない。 ついに「2018年までにレジ袋を撤廃する」という覚書を交わし、実際に去年、使い捨てプラスチックの袋やストローの使用が禁止になりました。

プラスチックは自然へと分解できないため、環境を傷つけるとてもやっかいなものなのだ。

オランダ・デルフトに本部を置く環境団体「The Ocean Cleanup」 海洋浮遊物除去システムの最終計画案を発表

ポイントは、最初から完全なアイデア出すことではなく、実行し続けながら、質の高い課題を抽出し、適切な手法で対策を講じるサイクルを効率よく回すことなのです。 (武田アナウンサー) この番組をご覧になって、自分も何かやりたいと思う人が1人でも出てくるといいなと思うんですけれども。

17
プラスチックのゴミが、ビーチに散らかり、波間に漂っている光景だ。 その後スラット氏は名門・デルフト工科大学の宇宙工学科に進学するも、プラスチックゴミの脅威が彼の脳裏から離れることはなかった。