天海 僧正。 2020年 天海大僧正銅像

天海とは~徳川家の参謀として暗躍した生涯と川越の喜多院の見どころ

のちに、本覚院に伝来されていた毛髪を納めた宝塔が建てられ、毛髪塔と呼ばれるようになりました。 「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

12
明智光秀=南光坊天海ではないのかの話についていくつか話しましたが疑問を1つ出せば次から次へと出てきますね。

天海僧正毛髪塔のアクセス方法や歴史、天海僧正について

慶長17年(1612)、天海の進言により家康公は無量寿寺再興を認め、喜多院を関東天台宗の本山と定めて天海の在住を招請しました。

8
事実は違う事はあると思いませんか? 明智光秀=南光坊天海である七つ目の根拠 そもそも、秀吉の中国大返しって・・・ほとんど準備期間なしで出来るものなのでしょうか? 道中の食事は? 先に伝令を走らせて道々の農民に作らせていたというけど、兵士って3万人いたと言われています。 ただし、この史料はこの時天海が45歳だったことになっていることや実在が疑われているが上杉二十五将に数えられているなど不自然な点も多い。

天海大僧正の廟所「慈眼堂」

そして、もう1つの鐘楼の壁にあるものは、装飾用に使われる「唐花紋」と言い、そもそも家紋ではないらしいですね。 ではないでしょうか? どう思いますか? これだけの根拠があるので僕は真実なのではないかと思っています。 山崎の戦場からも近い、比叡山で身を潜めていたのだと考えられます。

10
天海キャラの風貌はメチャ妖しいけど、私は結構気に入って使ってました。 本能寺の変があった時、徳川家康は少数の重臣と堺見物をしていて伊賀越えして危機を乗り越える。

天海大僧正

『』:2018年、 脚注 [ ]• また江戸城の南西の裏鬼門には、もうひとつの将軍菩提寺の増上寺を配置し、日吉大社から分祀した日枝神社を移転。 山崎の戦いで敗走していた光秀の気持ちとは? せっかく織田信長を襲って勝ち取った天下。 の日記『』には、天海が9年()に日光東照宮薬師堂法華経万部供養の導師を行った記事があるが、天海はこの時97歳(数え年)であったという。

二人の間に密約が交わされていて、光秀が生き延びることは約束されていた。 ・徳川家光も天海を厚く信頼し、幕政において天海の権力も頂点に達します。

天海大僧正

根拠其の三 そして3つめは山崎合戦の後に『光秀』と言う人物が比叡山に石碑を寄進してるということ。

19
『 シリーズ』:2011年、• 参考文献 [ ]• 「」(1993)40p• 麒麟がくるの明智光秀の最後は落ち武者狩りにあい自害する 落ち武者狩りにあい自害した、というのが現在語られている明智光秀の最後です。 その時は【根拠】を添えてコメントください。

天海僧正はどんな人?Weblio辞書

当時光秀という名はありふれた名前だったため、どこの光秀なのか特定できなのです。 そうです、その光は「光秀」の光です。

11
遺書遺宝が徳川家光に渡されると、激しく嗚咽したと伝わります。 この時、春日局と南光坊天海は「お久しぶりです」と挨拶をしているのです。

天海僧正毛髪塔のアクセス方法や歴史、天海僧正について

ここの名前は南光坊天海がつけた名前なんです。 墓所に拝殿を建てて「慈眼堂【じげんどう】」と称しています。

影武者を使ったかどうかは別として、とにかく逃げて比叡山に寄ったのです。 明智光秀は本能寺で織田信長を討ち、京都の合戦に敗れ竹やりに襲われ亡くなったと伝えられていますが、襲われたのは影武者で、光秀は天台宗総本山の比叡山に身を寄せたというのです。

天海僧正はどんな人?Weblio辞書

利休説は大正だったか裏千家の家元が一子相伝の秘密として認めたところでもあり、相当信憑性があります。 川越市立博物館編 『徳川家康と天海大僧正:家康の神格化と天海』 川越市立博物館〈特別展 家康没後四百年記念特別展〉、2017年。 だから光秀が「115歳まで生きたなんておかしいだろ!」と完全否定することもできないですよね。

そんな本能寺の変から繋がる 謎深いお話 の始まりです。 もちろん、天海の夢もここに再度成立することになります!(はじめの天下は10日程で終わっちゃいましたからね) 野望の完結!そして、今度は、以前の秀吉のような邪魔者もいません。