Jr 東海道 本線 遅延。 在来線運行状況

トップページ|JR西日本 遅延証明書

小田操車場が廃止。 6月12日:根府川駅 - 真鶴駅間の経路を内陸側に移設し、現在の真鶴トンネル経由に変更。

17
(昭和35年)には「つばめ」「はと」も電車化され、従来の展望車に代わるパーラーカーが連結された。

東海道本線

11月19日:高畑仮信号所・武庫川仮信号所(2代目)・芦屋仮信号所(2代目)が廃止。 神戸臨港線 東灘信号場 - 神戸港駅間が電化。

11
11月5日:京都駅 - 向日町駅間に梅小路仮信号所、桂川信号所を開設。 また客車不足のためにによる旅客輸送が行われたりもした。

東海道本線人身事故 運転見合わせ復旧 東京熱海間 振替輸送 迂回方法 遅延証明 運転再開時刻

遅延情報がない場合は表示されません。

13
JR京都線:新快速・快速の乗降時間の延長• 静岡操車場を駅に変更し(貨)東静岡駅(現在の)が開業。 長らく(国鉄)が運営する一本の路線であったが、(62年)のによってJR東日本・JR東海・JR西日本の3社に管轄が分かれ、この旅客3社が第一種として線路の保有と旅客列車の運行を行い、JR貨物が第二種鉄道事業者として旅客3社の線路を使用してを運行するという体制となった。

JR東海道本線 遅延に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

緒川駅(初代)が廃止。 34 km)が延伸開業し、武豊駅 - 長浜駅間が全通。

17
12月1日:馬郡駅を舞坂駅に改称。

JR東海道本線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

・東京行き路線の一部運休の影響で、上り方面から下りへ向かう列車がやってきた。 :が開業。 (貨)汐留駅・(貨)山下埠頭駅・(貨)笹島駅・新垂井駅・(貨)摩耶埠頭駅が廃止。

6
野洲川信号所が廃止。

【東海道本線】最新遅延情報(JR西日本)

詳細は参照) 東海道本線(とうかいどうほんせん)は、のからのまでを結ぶの()である。

16
新線上に横浜駅(2代目、現在のの付近)が開業。

【東海道本線】最新遅延情報(JR西日本)

現在となっている路線の一部を経由していた。 長良信号所が廃止。

10
:丸子信号場が廃止。 8 km が完成、同区間を下り本線とし垂井駅経由の下り本線を撤去。

JR北海道

12月25日:が開業。 :高槻駅 - 茨木駅間が複々線化。 22 km)が開業。

20
そのひとつである逢坂山(大津駅 - 京都駅間)はが新たに造られ(大正10年)に現在のルートになった。