盧溝橋 事件。 777 ● 盧溝橋事件

盧溝橋事件

宋哲元向全國發出守土通電 :300。

12
戰鬥開始後,日軍殲滅附近的中方部隊,進入永定河右岸,包圍盧溝橋。

對盧溝橋事件之嚴正聲明

7月20日,蔣介石返抵南京 :662,召見各國大使,表示中國抗戰決心 :35。 。

9
明昌三年三月成,敕命名曰廣利。 7月11日,、、到廬山,會商陝、甘、寧邊區地位及紅軍改編問題 :662。

對盧溝橋事件之嚴正聲明

6月25日,日軍在蘆溝橋附近舉行軍事演習 :335。 なお、中国中学校には以下のような記述が見られる。 1発目を撃った人物 [ ] によれば、日本側研究者の見解は、「中国側第二十九軍の偶発的射撃」ということで、概ねの一致を見ているとしている。

7
途中で一木隊長は桜井徳太郎中佐から、城外にいるやつに対しては、その29軍たるとなんたるとを問わず、日本軍が攻撃しようと討伐しようと、一切日本側のご自由にお任せする、とが言ったことを聞いた。 中国側では日本の攻撃をきっかけに敵対していた国民党と共産党が手を取り合い、日本に徹底的に抵抗。

對於盧溝橋事件之嚴正表示

そのため、日本軍は中国軍に味方の兵士が撃たれたとの誤った情報をもとに、中国軍から仕掛けられたのだからしかたないと銃撃戦に発展します。

日軍步兵第2團及騎兵隊、炮兵團、工兵隊在通縣集結 :57。

盧溝橋事件とは

第二次上海事変です。 また現地におげる日支両軍の兵力は、日本側が比較にならぬほど少ない(支那駐屯軍・5774名)ものであるから、事件の勃発以来、現地の事態が切迫したために日本側では居留民の保護を十分にするためだけではなく、駐屯軍の安全のためにも増援部隊を送る必要に迫られているのである。

20
7月14日,新任華北司令香月清司要求撤退北平駐軍、冀察中央機構及藍衣社、CC團,罷黜排日要人,徹底鎮壓共產黨活動,取締排日言論機關、學生運動及學校與軍中排日教育 :660。 我們是弱國,對自己國家力量要有忠實估計,國家為進行建 --------------------------------------------------P. 中國國民黨廬山談話會第一期會談開始,7月20日結束,討論對日作戰方針 :299。

對於盧溝橋事件之嚴正表示

中華民国による中央集権化と抗日の動き [ ] 1931年に起きたは、1933年のにより戦闘行為は停止されたが、中華民国の国民党政府は満州国も日本の満州占領も認めてはおらず、緊張状態にあった [ ]。 盧溝橋事變背景 1901年攻入北京後,依《》約定,日本開始在駐軍。 7月19日,蔣介石同意紅軍主力改編為國民革命軍第八路軍,設立總指揮部 :299。

19
本来事件は、現地での停戦交渉の成立をもって終息に向かうはずのものであった。 吾國雖尚太平,然不求苟安,且延之,勿疾克。